仮性包茎はペニスを大きくすることで改善できる!

ペニス増大効果がある精力剤を服用することでペニスのサイズアップに期待することができるだけでなく、包茎も改善できる可能性があります。

そのため、包茎治療をクリニックでの手術ではなく、お手軽かつ自分のペースでできる精力剤による治療を選ぶ人は年々増えてきています。

ペニス増大サプリメントによる包茎治療にはいくつか条件があります。

包茎改善に適した精力剤の選び方

無作為に選んだペニス増大精力剤を飲んだ場合、包茎が改善される可能性は低いです。

サイズアップと同時に包茎も治すのならしっかりと精力剤を選ぶことが必要です。

そのポイントとなるのは「陰茎増大効果」と「勃起力(精力・性欲)増強効果」の2つがある精力剤を選ぶことです。

陰茎増大効果によってペニスのサイズアップを促すことで余剰包皮から陰茎と亀頭が露出するようにすると同時に、勃起力増強効果でその露出する頻度を増やし包皮に剥け癖をつけることが精力剤による包茎治療の狙いです。

改善できるのは「仮性包茎」のみ

精力剤では真性包茎とカントン包茎は治療することができません。

先に述べたように精力剤での包茎治療は「陰茎を大きくすることで包皮に剥け癖をつけること」を目的としているため、陰茎と包皮が癒着している真性包茎や包皮が亀頭を圧迫しているカントン包茎には効果がないのです。

そのため、真性包茎やカントン包茎に悩む場合は迷わず病院・クリニックで手術を受けるようにしましょう。

逆に例外として特殊な包茎(老人性包茎・埋没包茎)はクリニックでの手術ではなく精力剤による陰茎増大で治療することをオススメします。

なぜなら、この特殊な包茎の原因は陰茎が体内に埋まっていることなので、サイズアップすることで露出させることができるからです。

仮性包茎以外のカントン包茎、真性包茎、埋没包茎に有効な治療方法としては、包茎手術があります。

包茎手術についての補足情報は、「包茎手術のメリットとデメリット!手術をうける前に理解しておくべきこと! | 包茎治療なび」のような専門サイトのページ確認してください。

包茎手術といってもクリニックや症状によって、治療方針や術式が異なってきますし、メリットだけでなくデメリットも0ではありません。

さらに、言うまでもありませんが、ご自身の経済状況とも相談せなばなりません。

いずれにせよ、簡単な手術とはいえ、体にメスを入れる行為であることに違いはないので、情報をしっかり収集し、納得いく選択肢を選びましょう。